デニム生地のオーバーオールのお尻の部分に大きな穴が開いてしまいました。

この大きな穴をrepair929.comのお店では「ダイアナ」という愛称で呼んでいます。

ダメージジーンズやクラッシュデニムと言って、わざわざ破れや擦れ・アタリを付けてファションとして楽しめるのがジーンズの良い所ですが、流石にお尻の部分にダイアナが出来てしまうと下着が見えてしまいますし格好も良くないですね…

kimg0851

お尻や股・ヒザの部分は特によくスレたり生地に力が掛かる部分なので、穴の周りも広範囲に生地が薄くなって弱ってしまっています。

生地裏には薄くなってしまっている部分まで広範囲に補強の布を当てて、ミシンで表からたたいてダイアナを目立たぬようにしながら補強していきます。

kimg0852

ダメージ感を残しながらも、いかにも修理したような痕跡は目立たないように出来ました。

ヤブレや穴あきはお早めのお直しがおすすめです。
放っておくとドンドンキズが広がっていきますし修理代も嵩んでしまい、洋服にもお財布にも優しくありません。

ジーンズのダイアナでお困りでしたら、repair929.comのお店にお気軽にご相談して下さい。

この記事を書いた人

太田 栄司
太田 栄司
千葉県船橋市でファスナーの修理から洋服のキズ穴リペア、ジーンズのダイアナリベアまで出来るクリーニング店です。
染み抜き・復元加工も得意としてますので、「衣類の困った」がございましたらお気軽にご相談下さい。
LINEで送る
Pocket