緑色に染まったデニムのパンツが部分的に色落ちして、白っぽくなってしまった事例です。

元来、デニムのパンツ(ジーンズ)は、インディゴ染料(今はほとんど化学合成されたもの)に染められた縦糸と、白い横糸とを特殊に織り上げ(綾織り)た厚い綿布生地で、あの独特なインディゴブルー色を楽しむものです。
染色された糸を織るので、先染めといいます。

今回の事例のデニムのパンツは、グリーン系の染料で製品になってから染めたもので、後染め(製品染め)といいます。生地の裏側まで染まっているのがその証左です。

ビンテージ的にセンスよく色が変化してのを楽しむのがデニム品ですが、意図せずに一部分だけ色落ちするのはかっこ悪いですね。
色補正させていただきました。
洗濯してもまず落ちないでしょう!

なお、インディゴ染色を最初の層で硫化染料(イエロー系)に染めてから何度もインディゴ層で染めるか、何度もインディゴ層で染めてから硫化染料(イエロー系)で染めるたりするグリーンキャストと呼ばれるデニムが流行ったことがありました。
独特な緑色色で異彩を放ち、独特の色落ちが楽しめましたが、今回の事例はこれではありません。

ご相談は下記リンクから>>>
http://www.cleaning-waga.com/

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/magokoro.cleaning.waga/

この記事を書いた人

Satoshi Takada
Satoshi Takada
まごころクリーニング わが
住所:〒330-0845 埼玉県 さいたま市大宮区仲町3-129

簡単な説明
⚫人と地球・衣類に優しい「ナチュラル・エコクリーニング」
⚫あきらめていたあの服が蘇る「感動しみ抜き‼ 匠抜き!」
⚫キレイを宅配,らくらく「ラクーンデリバリー」
詳細
創業1963年 地元さいたまで半世紀!
◼全国クリーニング組合連合会技術部会会員
◼クリーニング師(国家資格)6名在籍
◼しみ抜き復元加工京技術会認定
◼優良施設さいたま市保健所所長賞受賞
電話番号:0120-119-629
ウェブサイト:www.cleaning-waga.com/
LINEで送る
Pocket