今回お預かりした品物は、赤いコーデュロイパンツです。
持ち出しの色だけ黒でなかなか攻めた配色ですね。

ご依頼主さんはこの黒いのが嫌だから周りと同じにして欲しいと言うんです。
フリーマーケットで200円で手に入れたそうなのですが、この黒いのが気に入らないと言うより嫌なんですって。

「なら買わなければ良いのに。」なんて事は言いません。チラリと思いましたが…

ここが黒くなければバッチリ好みなんだそう。

DSC_0530

DSC_0530

スソの丈詰めも承っておりましたので、ハギレで持ち出しの作成をして縫い付けました。

DSC_0534

DSC_0534

ボタンホールの所が黒いままじゃないか!って思われますよね〜。
アクセントとして残しておいたんですよ。

なんて言うのは半分冗談でして、ボタンホールの部分まで交換となると手間がとてもかかるのでお直し代が跳ね上がります。

ご予算内で出来る範囲を提示した上で、ベルトをすれば隠れてしまう部分である事と私自身がアクセントとして残しておいた方が良いと思い提案させていただきました。

もちろんお客様もご納得され、仕上がりにも喜んでいただけました。

出来る事と出来ない事がございますが、ご希望に近づける様に努力致します。

この記事を書いた人

太田 栄司
太田 栄司
千葉県船橋市でファスナーの修理から洋服のキズ穴リペア、ジーンズのダイアナリベアまで出来るクリーニング店です。
染み抜き・復元加工も得意としてますので、「衣類の困った」がございましたらお気軽にご相談下さい。
LINEで送る
Pocket