本日の担当は
千葉県船橋市のクリーニングオオタです。

いよいよゴールデンウィーク突入ですね。
各地で様々なイベントがあったり
新緑の中で自然を満喫するなんていうのも素敵ですね。

私達クリーニング店は繁盛期真っ盛り。
そう!衣替えの季節なんです。

今回の事例は
シャツの衿のスリ切れ修理です。

とても愛着のあるネルシャツですが、
衿が擦り切れてしまったので
この春で卒業させてしまう前にもう一度キレイにしようとクリーニングでお預かりしました。

拝見させて頂きますと
【天地返し】という方法でお直し出来るので
お客様に修理を提案させて頂きました。

先ずはスリ切れてしまった衿を
台襟から取り外します。

そしてスリ切れている部分を補修してから
外した衿を
表を裏に〜
裏を表に〜
ひっくり返して
再び台襟に縫い付け直します。

まるで何事も無かったように
再びスリ切れるまで使えるようになりました。

表裏をひっくり返しましたので
チェックが少々ズレました。

無地のシャツでしたら
新品のようになりますよ。

ただし、カラーキーパーや
表裏で素材が違う・デザインが違う等で
出来ない場合もあります。

シャツの衿がスリ切れてもあきらめないで

お近くのrepair929.com
の加盟店にご相談下さい。

それでは楽しいGWをお楽しみ下さい(^O^)/
そうでない方は一緒にお仕事頑張りましょう٩( ˆωˆ )و

この記事を書いた人

太田 栄司
太田 栄司
千葉県船橋市でファスナーの修理から洋服のキズ穴リペア、ジーンズのダイアナリベアまで出来るクリーニング店です。
染み抜き・復元加工も得意としてますので、「衣類の困った」がございましたらお気軽にご相談下さい。
LINEで送る
Pocket