今回 担当は加藤クリーニングです

 

ジャンバーやウィンドブレーカーなど裾にゴムが使われている洋服ってよくありますね

ゴムは経年劣化します。伸びたり 切れたり(-“-)

でも、伸びたり、切れたりする原因は劣化だけではありません。

疲労です。小さな力が加えられると徐々に機能が低下する現象。

 

ゴムは劣化と疲労が影響し合って伸びきってしまうのです。

なんだか他人事に思えませんが(^_^;) あっ脱線しました!

生地は問題ないのに ゴムだけが使えない状態になることが多いです。

このジャンバーも裾のゴムだけが伸びてしまって とうとう切れてしまいました。

古いゴムをはずして 新しい丸ゴムにストッパーをつけて裾に入れます。

使用したのは5コールの強力ゴムです。

5コールとは、一本のゴムの中に5本のゴム糸が入っているということです。

そう、コールとは ゴム糸の本数です。

入れ換え作業を終えてミシンで縫い止めます。

元通りになりました!

購入した時と同じような感覚で着ていただけると思います(^u^)

ゴムは劣化します でも、交換すればいいのです。

ゴム交換も リペアクリーニングドットコムの加盟店にご用命下さい。

 

 

 

 

この記事を書いた人

加藤美智代
加藤美智代
クリーニング、シミ抜き、復元加工、キズ・穴修理、ファスナー修理、リペア、リフォーム等 お気軽にご相談下さい
加藤クリーニング
群馬県太田市
LINEで送る
Pocket