ジーンズ膝穴修理

ジーンズの膝穴修理です。

ジーンズの修理では一番多い事例かもしれませんね。

ジーンズの膝は曲げ伸びの多い負荷のかかりやすい部分です

また、膝をついたり、すれたりするケースも多いので生地が傷みやすい部分ですから薄くなり切れてしまったり穴が空いてしまうケースも多いですね。

穴が空いてしまいますとジーンズをはく際に足を引っかけ穴を広げてしまったり

膝を曲げたときに穴が横に切れて広がってしまったりするケースは多くありますね。

ジーンズの膝穴はある程度の穴の場合、ダメージデザインとして受け入れられるケースもありますが

大抵はすぐに大きな穴になってしまい中の膝が丸見えになりますし

膝がたるんだようになってしまいますので見た目にもあまりいい感じではありませんね。

膝に穴ができてしまった場合、早めに修理することをお勧めしております。

穴の広がりが軽度の場合、補修も範囲少なくすみますのでご予算的にも抑えられることはあるかとおもいます。

はきこみが長いジーンズの場合、穴があいてなくても、小さい穴の場合でも周りの生地がかなり薄くなっていることが多いかとおもいます。

そういった場合は、穴が広がる前に穴が空く前に事前の補強修理をおすすめしております。

裏に大きめに当て布をしましてミシンで補強修理することで膝に穴が広がるのを防ぎ、長いこと使用することができるかとおもいます。

この記事を書いた人

川畑誠之
川畑誠之アトリエ革作・ジーンズリペア工房jeans704代表
ジーンズや皮革製品など厚物中心に修理・メンテナンスをしております。
ジーンズリペア工房 jeans704 ・バッグ修理工房 革作Re 東京都港区芝4-18-3 1F TEL:03-5443-6064
LINEで送る
Pocket