ARMANI ジーンズリペア

ジーンズの穴が大きくなり、破れてしまいました。

だいぶ履きこんだ感じで、いい色ですね~。

さすが、高級ブランドのダメージ加工は手が込んでいてかっこいいですね。

 

お尻の大きな穴

お尻が、だいぶ大きく横に破れているので、下着が見えないようにいつもよりもちょっと大胆にお直しをいたしました。

縫い合わせは「横糸無しで自然になるように、」というご要望です。

縫い合わせ部分をしっかりと補強しつつ、一本の線になるように・・・「ライン修理」をします。

 

Before お尻が大きく破れてしまいました。

 

ジーンズの股裂け

 

After ジーンズの横糸(白い糸)は残さないリペアです。

「ラインリペア」で修復しました。

縫い合わせ方法や、ミシンのステッチはいろいろな縫い方があります。

今回は、なるべく薄い裏当てにして、シンプルに上下にミシン糸でしっかりと補強しました。

 

ジーンズのラインリペア

 

ミシンで縫ってから、糸目や色を確認すると、もう少し薄い色がよかったかなぁ。と思いつつ。

綺麗に塞ぐことが出来たので、完成とします。

この後に、アイロンをしたところ、縫い跡はだいぶ周りに馴染み、落ち着いて来ました。

 

糸が目立つこともあります。

ミシン糸は、生地表面より深く入るので、色が同じでも縫い跡が目立つこともございます。

特に、黒や濃い色でまだらな色抜けなどのデニムは、目立つことが多いです。

ただ、縫い跡もファッションとして捉えていただけると、かっこよく思えてくるものです。

 

ダメージ加工で生地は薄くなっている

ダメージ加工で、ダメージを与えた白くなった部分は、生地が薄くなっています。

擦れたイメージを出すために、職人さんが表面の生地をヤスリなどで削っているんですね。

最近では、無人でレーザー光線で表面に自然な傷を付ける方法もあるようです。

ダメージを与えた部分は、汚れや経年劣化で弱くなりやすいので、穴が開きやすくなります。

弱くなった部分全体を、裏から補修する方法もございます。

今回は穴の周辺の生地はしっかりしていたので、周りのみ補修いたしました。

 

ジーンズを長く着る

お気に入りを長く着る。

ecoの時代には当然必要な選択肢だと思います。

せっかく長く履いて味が出て来たジーンズですから、穴が開いて気になり始めたらご相談くださいね。

最近多くなった、ストレッチジーンズもお問い合わせください。

 

八王子市のマルエイクリーニング店主がジーンズリペアをお届けしました。

マルエイクリーニング

http://maruei-cleaning.com

ホームページにも様々なジーンズリペアをご紹介しております。

お問い合わせやご依頼は、ホームページからも可能です。

この記事を書いた人

Toshio Maeda
Toshio Maeda
八王子市のマルエイクリーニングです。
大切な一般衣類をお直してみませんか?
すぐに捨ててしまうのは「もったいない」ですね。
弊社はキズ・穴修理500円~で「接着修理」を、「かけはぎ」は5,000円~で承っております。生地によっては、縫い合わせた方が綺麗になります500円~。
ニット・洋服のキズ・穴修理は、『穴かがり修理』500円~『縫込み修理』500円~『編み直し・かけはぎ』5,000円~まで、お客様の仕上がりのご要望に合わせてお見積りいたします。
ジーンズリペア(1,000円~)ファスナー修理(800円~)もおすすめです。

マルエイクリーニング
〒192-0912  東京都八王子市絹ヶ丘1丁目22-20
TEL・FAX 042-635-6234
営業時間 AM8:00~PM7:30
定休日 日曜・祝日
駐車場あり
京王線 北野駅・長沼駅より徒歩10分程度
LINEで送る
Pocket