ジーンズ股穴補強修理

ジーンズの股穴の補強修理

また穴の直し修理

ジーンズの股は膝と同じく、最も多い事例で、穴ができやすい箇所ですね。

磨れの多い部分ですから、そのままにしておくと穴はどんどん広がってしまします。
股下はスレがおきやすい部分ですから穴が開いていなくても、かなり摩耗していて生地が薄くなっている事が多いです。
そのままほほっておくと摩擦で生地がさらに薄くなり穴が空いてしまいますね。

股穴修理の場合、穴は小さくてもまた全体を補強修理をおすすめしております。

薄くなっている部分をカバーする意味でも、裏に大きくまた全体に補強布をあてがいまして強度を補強して
ミシンで穴の部分を中心にして補強布全体を細かくミシン刺し(タタキ修理)して補強修理いたします。

穴が小さいうちに補強修理しますとダメージ感もあまり目立たないで修理できますので
早めに直してジーンズを気持よく履きましょう。
リペアをしておけば今後磨れが大きくなっても、そういった心配も無く、ジーンズも長持ちしてはけます。

ダメージを軽減出来ますので早めの修理をお勧めします。

もちろん今回のケースのように左右に大きく穴が空いた場合も修理は可能です。

穴の部分ミシン刺しは少し強めに入りますからその分多少固くなることはあるかと思いますが股の大きな穴修理もお任せください。

 

この記事を書いた人

川畑誠之
川畑誠之アトリエ革作・ジーンズリペア工房jeans704代表
ジーンズや皮革製品など厚物中心に修理・メンテナンスをしております。
ジーンズリペア工房 jeans704 ・バッグ修理工房 革作Re 東京都港区芝4-18-3 1F TEL:03-5443-6064
LINEで送る
Pocket