スラックスのお尻が大きく破れてしまいました。

生地が裂けてしまっているところの裏側に当て布をし、

細かくミシンでたたいて穴をふさぎ縫い直しています。

ミシンでたたいた部分を縫い込めばキズは見えなくなりますが

縫い込んだ分量だけサイズが小さくなってしまいます。

 

今回の事例は後中心のストライプの見え方が変わっても良い、

キズの無い方を少し出しても良いのでとのご希望でお直ししました。

 

お気に入りの洋服をお直ししてまた気持ち良く来ていただけるように、

お客様のご希望やご予算から様々なお直しの仕方をご提案させていただいております。

衣類のお困りごとがございましたら、あきらめる前に一度ご相談ください。

 

※写真がうまく撮れずビフォーとアフターのスラックスの色が違って見えてしまいました。すみませんm(__)m

この記事を書いた人

三田葉子
三田葉子
ソーイング工房Leaf(リーフ)
埼玉県さいたま市で女子学生服縫製・販売をしています。リフォーム・リペア・キズ穴修理・ファスナー修理等。
ボタン付けから本格リフォームまでお気軽にご相談ください。
埼玉県さいたま市西区佐知川1623 ミキ洋装内
連絡先 leaf704@kind.ocn.ne.jp
LINEで送る
Pocket