ズボンのファスナーが壊れてしまい閉められなくなってしまいました。

最近はめっきり聞かなくなりましたが「社会の窓」なんて言葉がありましたね。
社会をのぞき見る窓は必要だけれど、こちらの窓は開きっぱなしではいただけません。

DSC_1487

DSC_1487

ファスナーの状態を拝見しましたところ、スライダーと呼ばれるファスナーを閉める為の部品が壊れている以外は他の部品に不具合はありませんでした。

今回はファスナー交換では無く、ファスナー修理で対応出来るのでリーズナブルにお直ししました。

DSC_1488

DSC_1488

ファスナーに不具合が起きた時に相談しに第一に足を運ばれるのは洋服のリフォーム店ではないでしょうか?
そこで提示される金額が意外に高くてあきらめてしまった、とのお声を耳にします。

それはファスナートラブルには交換しか方法が無いからです。
ファスナー交換はとても手間がかかる作業なので適正に料金を頂いても、修理代金が高額になってしまいがちです。

私共は部分的に修理をするという、今までありそうで無かった革命的な修理手法を身に付けましたので、リーズナブルにお直しが出来るのようになりました。

そうは申しましても全てがこの方法で対応出来る訳ではございませんので、先ずはご相談頂けますと幸いです。

この記事を書いた人

太田 栄司
太田 栄司
千葉県船橋市でファスナーの修理から洋服のキズ穴リペア、ジーンズのダイアナリベアまで出来るクリーニング店です。
染み抜き・復元加工も得意としてますので、「衣類の困った」がございましたらお気軽にご相談下さい。
LINEで送る
Pocket