今回はズボンのホック・ファスナー修理の事例です。

画像のようにホックとスライダーの引き手が取れてしまっています。

先にスライダーの引き手が取れてしまったのですがとりあえずファスナーは閉まるのでそのまま使っていたそうです。

次にホックが取れてしまいさすがにこのままでは履けないということでご依頼頂きました。

↓↓↓ Before ↓↓↓

紳士用ズボンの前ホックは糸で縫い付けるような簡単なものではなく、内側から金具で固定するような造りになっています。

そのため取り付けるための範囲を解かなければなりません。

また取り付ける部分の生地の傷みがあるためそこを補修してから取り付けました。

↓↓↓ After ↓↓↓

スライダーの引き手が取れている方の修理は、ファスナー本体に異常がないため新しくスライダーに交換しました。

 

このように様々な修理にも対応致します。

お困りの際にはぜひご相談下さい!!

この記事を書いた人

猿山晃一
猿山晃一日の出クリーニング店主
埼玉県越谷市の修理も出来るクリーニング店
日の出クリーニング
衣類に限らずバッグ・靴・チャイルドシートなどのトータルメンテナンス出来るお店です。
LINEで送る
Pocket