ズボンの裏地の部分取替え

ズボンの裏地は、古くなったり汚れによって硬くなり、劣化することで裂けてきます。

ウールのズボンは、裏地が裂けると生地が直接肌にあたり、履きずらくなります。

また、硬くなってしまってもガサガサして履きづらくなりますね。

硬くなったら洗いで汚れを落とせば柔らかくなりますが、裂けたり破れたりしたらまた使えるようにお直ししませんか?

ズボンの裏地交換について

ズボンの裏地の総取り替えは、縫製してある糸を全て解き、作り直しのようになってしまうために高額になってしまいます。

下の画像のように、傷んだ部分だけを、部分的に交換する方法がおすすめです。

ズボンの裏地修理の例) 

ボロボロになった裏地

 

交換事例)

グレーの裏地が交換した部分です。

 

bata60

今回の修理は範囲が広いので、3,500円(税別)ほどになります。(股の辺りの縫製を解いて縫い直しています。)

料金は、修理する範囲によって異なります。裾のひざ下など、少ない範囲で一部分だけなら片側1,000円(税別)~です。

ズボンの裏地について

ズボンの裏地は見えない部分なので、表の生地の色に合わせれば色が違っても大丈夫です。

薄いズボンで色が違う場合は、多少気を使って生地を選ぶ必要もありますので、生地選びにお時間をいただく場合もございます。

目立たない部分ですが、同じ色の裏地を見つけるのは、不可能なことが多いのでご理解をいただいての修理となります。

裏地の接着修理について

裏地の小さな穴でしたら、似たような生地を貼り付けて、接着修理という方法で修理することも可能です。

接着した部分は、樹脂で少し硬くなるため、小さな穴や、肌が触れても気にならない場所におすすめの修理です。(小さい穴500円~)

接着修理は、上着やコートなどの裏地に小さな穴が開いてしまったり、裏地の抜けないシミなどにもおすすめです。

ズボンの裏地の破れや劣化、硬化は、お気に入りのズボンにはよくある事例です。

ズボンの裏地交換や、硬くなった裏地の復活加工(古い固着した汚れ取り)で、まだまだ使えるズボンになりますよ。

衣類の修理は、あきらめないでご相談くださいね。

マルエイクリーニング 
〒192-0912  東京都八王子市絹ヶ丘1丁目22-20 
TEL・FAX 042-635-6234 
営業時間 AM8:00~PM7:30 
定休日 日曜・祝日 

駐車場あり
京王線 北野駅・長沼駅より徒歩10分程度
#八王子市 #長沼 #北野 #絹ヶ丘 #北野台 #下柚木 #上柚木 #中山 #南大沢 #鑓水 #片倉 #兵衛 #西片倉 #みなみ野 #子安町 #打越町 #みどり町 #堀之内 #別所 #越野 #南陽台 #日野市 #平山 #西平山

この記事を書いた人

Toshio Maeda
Toshio Maeda
八王子市のマルエイクリーニングです。
大切な一般衣類をお直してみませんか?
すぐに捨ててしまうのは「もったいない」ですね。
弊社はキズ・穴修理500円~で「接着修理」を、「かけはぎ」は5,000円~で承っております。生地によっては、縫い合わせた方が綺麗になります500円~。
ニット・洋服のキズ・穴修理は、『穴かがり修理』500円~『縫込み修理』500円~『編み直し・かけはぎ』5,000円~まで、お客様の仕上がりのご要望に合わせてお見積りいたします。
ジーンズリペア(1,000円~)ファスナー修理(800円~)もおすすめです。

マルエイクリーニング
〒192-0912  東京都八王子市絹ヶ丘1丁目22-20
TEL・FAX 042-635-6234
営業時間 AM8:00~PM7:30
定休日 日曜・祝日
駐車場あり
京王線 北野駅・長沼駅より徒歩10分程度
LINEで送る
Pocket