ズボンのベルト通しの作り直し修理

ベルト通しが破れると、ベルトからズボンがずり落ちてしまいだらしなく見ててしまい、見た目にもよくありませんね。

ズボンは、動きが激しいので、さまざまな破れやほつれの修理があります。

こちらも、経年劣化などでよく相談される修理です。

Before ベルト通しが擦り切れて、破れてしまいました。

 

bata125

After ベルト通しを、裾の返しにある布を利用して作り直し、修復いたしました。

bata126

 

bata127

今回の修理代金は、500円+裾修理片方のみ500円 合計1,000円(税別)です。

共布がある場合は、裾を解く必要がございませんので、裾の修理代金の追加が発生しませんので、500円となります。

裾から布を取る場合には、横方向にしか布が取れないため、布の模様(ストライプやチェックなど)が、縦横合わせることが出来ず、多少の違和感が生じてしまうことがあります。ご了承願います。

シャツのずれ防止加工

ワイシャツなどのシャツをずれないようにする「すべり止め」の取り付けもご依頼いただけます。

ワイシャツがずれないように、ベルトの穴をきつめに締めていることはありませんか?

ベルトをきつくすることで、ベルト通しに負担がかかるケースや、体形の変化で、お腹が太くなったり細くなることでベルト通しに負担がかかるケースがあるようです。

負担がかからないように、ウエストのサイジングでぴったり合うようにしたり、シャツのずれ防止にシリコン製のすべり止めを取り付けるのも一つの解決策ですね。

bata140

ズボンの修理について

ズボンの修理は、需要が多く、当店でも一番扱うことの多い修理です。

やはり動きが激しく、ポケットも便利ですので様々な擦れにより、キズが付きやすいようです。

やぶれや、穴あきの修理もポケットに何かを入れていたり、転んだり、擦れるケースなどの穴修理は1穴500円~で直しております。

また、ファスナー修理も一番多く、スライダーを上げても閉まらなくなったり、持ち手が取れてしまったら、ファスナー修理800円~で修理いたします。

ズボンの修理はあきらめないでご相談くださいね。

東京都八王子市絹ヶ丘1-22-20

マルエイクリーニング

http://marueri-cleaning.com

この記事を書いた人

Toshio Maeda
Toshio Maeda
普段使用している一般衣類も、まだ着れるのでしたらお直してみませんか?
すぐに捨ててしまうのは「もったいない」ですね。
穴修理も「かけはぎ」は、高額で時間もかかるイメージですが、当店のキズ・穴修理は、よりお手軽な価格からご提案出来る、早く、綺麗にする「新リフォーム」です。
ジーンズ・ニット・洋服のキズ・穴修理は、『簡単修理』(特殊接着・縫込みなど)~『編み直し・かけはぎ』まで、お客様のご要望に合わせてお見積りいたします。
LINEで送る
Pocket