セーターの前身頃 縄編みのところに虫食い穴

穴が小さいうちに修理をすれば ほとんどわからなくなります。

今回の修理は、縄編みの交差する部分。

毛糸は極細ではなく、どちらかというと、ローゲージ。

せっかくの縄編みが損なわれないように そして 穴が目立たなくなるよう注意しました。

ニツトは一本の毛糸で出来ています。

あなが大きくなってほつれてしまうと その場所からどんどんほどけてしまいます。

シーズンオフになったら、シミや汚れがなくても クリーニングしてしまって下さい。

その時には目立たなくて分からないシミや汚れが、そのままにしておくと

次のシーズン、穴に変わってしまいますから(>_<)

 IMG_20140423_233004 IMG_20140423_233032

この記事を書いた人

加藤美智代
加藤美智代
クリーニング、シミ抜き、復元加工、キズ・穴修理、ファスナー修理、リペア、リフォーム等 お気軽にご相談下さい
加藤クリーニング
群馬県太田市
LINEで送る
Pocket