リペアクリーニングドットコムにようこそ!

今回は、緩やかに編んであるセーターの前身ごろを何かに引っ掛けてしまい
糸がツレてしまったとの事で 修理のご依頼の事例です。


放っておくと、糸が切れて大きな穴になってつながりますね。

ひと目ひと目 ツレている糸を元のテンションに戻す作業を施します。

糸を引っ張りすぎると 切れることもあるので 慎重に。。。

なんとか 元の状態に近づけました(^.^)

 

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が交差して形成される織物に対して

ニツト製品などの編物は 一本の糸(又は数本の糸)が連続してループを

作るものです。

なので、セーター等のニツトは穴が開くと 連続しているループが

一本の糸に戻ってしまいます。

そうなると 穴は大きくなってしまいますね!

糸がツレたり 小さな穴が出来たりした時は

早めにお直しする事を お勧めいたします。

ニツトのお直しは 当店またはリペアクリーニングドットコムの加盟店に

ご相談下さい。

 

http://kato-cleaning.net/

 

この記事を書いた人

加藤美智代
加藤美智代
クリーニング、シミ抜き、復元加工、キズ・穴修理、ファスナー修理、リペア、リフォーム等 お気軽にご相談下さい
加藤クリーニング
群馬県太田市
LINEで送る
Pocket