セーラー服の袖を後で伸ばせるように袖丈つめ

 

 

 

セーラー服の袖丈が長すぎるので後で元に戻せるように

袖丈をカットしないで袖丈をつめました。

 

長いままにしておくと袖口が痛んでしまいます。

袖丈がちょうど良いと動きやすいですし、見た目もステキです。

勉強もしやすいですよね(^_-)-☆

 

カフスの中に縫い代を残してありますので

成長に合わせて後で伸ばせます。

 

 

成長を見込んで大きめの学生服を購入される方がほとんどだと思いますが、

洋服は大きすぎても着にくいものです。

洋服の構造上、不可能な部分もありますが

できる限り後で元に戻せるような方法を取り入れながら

お直しをしています。

 

衣類のトラブルでお困りの際には

お近くのリペアクリーニングドットコム加盟店までお気軽にご相談下さい(*’▽’)

この記事を書いた人

三田葉子
三田葉子
ソーイング工房Leaf(リーフ)
埼玉県さいたま市で女子学生服縫製・販売をしています。リフォーム・リペア・キズ穴修理・ファスナー修理等。
ボタン付けから本格リフォームまでお気軽にご相談ください。
埼玉県さいたま市西区佐知川1623 ミキ洋装内
連絡先 leaf704@kind.ocn.ne.jp
LINEで送る
Pocket