ナイロンバック革付丸洗い

今回は、ナイロンバックの洗いをご紹介いたします。

バックの汚れ

バックは、汚れていないように見えて結構汚れが溜まりやすいんですよ。

特に、手で触ることによる「たんぱく質汚れ」や、いろいろな物を入れることによる「内袋の汚れの付着」、これらを計測するとトイレより汚れているというデータもあります。

特に、気にいって使っているバックでしたら、徐々に汚れが蓄積することで嫌な匂いを放つこともあります。

消臭除菌剤などに頼らず、しっかりと洗うことで、汚れや臭いの元になるたんぱく質汚れやすすなど、気になる汚れを落としませんか?

除菌ももちろん必要ですが、タンパク質汚れにはカビが生えやすく、汚れが付着していることで菌の栄養となってしまうことが多いです。

バックによく使われる化繊のポリエステルやナイロンでも、汚れていれば綿などの天然素材と同様にカビなどの菌が付着することで繊維や染料を侵していきます。

汚れが原因による腐食や変色(茶褐色や黄色など)は、雑菌類が分解することで臭いなどの発生源となります。

「お気に入りでよく使ったな」と思ったら、プロ洗いでこれからも長く使用できるように綺麗な状態を保ちましょう。

 

Before 表面には白いしみが出ています。

結構使用した感があるバックですが、そんなに汚れていないようには見えますね。

 

ナイロンバック洗う前

 

洗剤で汚れが離れます。

特殊な革洗いも出来る洗剤と水の溶液に漬けたところです。

(当店では、アメリカから輸入している専用洗剤を使用しております。)

界面活性剤の効果で、少しづつ汚れが繊維を離れ、剥ぎ取られていきます。

(※お客様への注意事項 革やデリケートな繊維素材は、家庭用の通常洗剤(洗濯洗剤や中性洗剤など)で水道水に漬けて洗うと、色が出たり硬くなったりすることがあります。)

 

ナイロンバック丸洗い

 

手作業のブラッシング

当店では、ソフトに外力を与えることにより、繊維の中に染み込んだタンパク質汚れなどの分解を助けます。

汚れの強い泥汚れや不溶性のシミは、このような柔らかなブラシでは掻き出すことは出来ません。

汚れによっては、洗剤の強さや酵素や漂白剤の力を利用したり、ブラシを変化させます。

繊維や革に合った力や摩擦を加えることで、ゆっくり丁寧にブラッシングして、繊維の網目の中まで溶液を物理的に届かせたり、掻き出すことで繊維を傷めないように作業します。

同時に、気になるしみは、超音波やシミヌキ用ガンで繊維や革の表面を傷めないように、汚れを浮かしたり表から裏に汚れが抜けるように外力を加えて汚れを落として行きます。

 

やわらかなブラシでゴシゴシ

 

洗浄液の色

一見したところ、汚れが少ないように見えていた鞄でしたが、洗うとこんなにも汚れた黄色い色をした水溶液となります。

たんぱく汚れなどは、時間が経過して酸化変色しますので、このような褐色をした色の汚れが出てきます。

臭いを放つ程度の汚れとなりますと、溶液が真っ茶色になることも多くございます。

 

汚れた洗浄液

 

乾燥と仕上げ

遠赤外線乾燥機やオゾン乾燥で除菌菌消臭乾燥をします。

鞄を洗うとすっきり、汚れも落ちて革の部分のくすみも綺麗になります。

乾燥は、自然乾燥に近い低い温度で除菌乾燥が出来る「遠赤外線乾燥機」や、オゾンで除菌消臭する「オゾン乾燥」などを使用しております。

乾燥しすぎてしまうと、革から水分が足りなくなり硬くなってしまうので、乾燥時間や温度などは品物によって違います。

革にはしっかりと栄養や水分、艶を与えるなどのお手入れと磨きなどの仕上げ。

繊維にはしわを伸ばしたり、形を整えるためのアイロンによる仕上げなどをして完成です。

 

 

 

ナイロンバック洗い後

 

バックの汚れ

衣類と違って、バックにより多くの皮脂が付くのは手で触る部分だけですが、かばんの汚れは大気のすすなどの汚れや、いろいろな品物を入れるため内部のタンパク質汚れが多いです。

いろいろな物をしまうカバンの内袋の汚れは、水洗いで落とすのが鞄には向いているようです。

トータルメンテナンス

お気に入りの鞄が汚れたり、縫いがほつれてしまったり、ファスナーが壊れてしまったり、様々なトラブルを解決するトータルメンテナンスでお応えいたします。

カバン洗いの料金

料金につきましては、ホームページの靴・かばんのページをご覧くださいませ。

かばんの洗いにつきましては、大きさ、素材、ブランド、汚れの程度などの計算式がありますので、お見積りとなります。

こちらをクリックすると料金表がご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

マルエイクリーニング 
〒192-0912  東京都八王子市絹ヶ丘1丁目22-20 
TEL・FAX 042-635-6234 
営業時間 AM8:00~PM7:30 
定休日 日曜・祝日 

駐車場あり
京王線 北野駅・長沼駅より徒歩10分程度
ホームページ
#八王子市 #ナイロンバック洗い #かばんの汚れ #鞄洗い #革洗い #カバン洗い #ファスナー修理 #ほつれ修理

この記事を書いた人

Toshio Maeda
Toshio Maeda
八王子市のマルエイクリーニングです。
普段使用している大切な一般衣類も、まだ着れるのでしたらお直してみませんか?
すぐに捨ててしまうのは「もったいない」ですね。
穴修理の「かけはぎ」は、高額で時間もかかるイメージですが、当店のキズ・穴修理は、よりお手軽な価格からご提案出来る、早く、綺麗にする「新リフォーム」です。
ニット・洋服のキズ・穴修理は、『簡単修理』500円~(特殊接着・縫込みなど)~『編み直し・かけはぎ』5,000円~まで、お客様の仕上がりのご要望に合わせてお見積りいたします。
ジーンズリペア(1,000円~)ファスナー修理(800円~)もおすすめです。

マルエイクリーニング
〒192-0912  東京都八王子市絹ヶ丘1丁目22-20
TEL・FAX 042-635-6234
営業時間 AM8:00~PM7:30
定休日 日曜・祝日
駐車場あり
京王線 北野駅・長沼駅より徒歩10分程度
LINEで送る
Pocket