いつもrepair 929.comをご覧いただき ありがとうございます!
今回の事例は、バッグの内袋の交換です。
布製の内袋が汚れてしまったので 洗いたいところですが 交換となりました。

まずは 解いて内袋を外します。
次に新しく付け替える内袋の作製。
使う生地は シャンタン。 丈夫で光沢があり バッグの内袋によく使われています。
ポケットはリバティ柄のナイロンタフタにしました。ナイロンタフタはレインコートや傘に使われる生地です。

ファスナーは傷みはないので変えませんでした。マジックホックの取り付け位置は慎重に。

解いた内袋と同じサイズで新しく作った内袋とバッグを合わせて 

フチになる革で挟んで縫い上げました。

バッグの内袋は 合成皮革が使われていることが多いですが、合成皮革は経年劣化します。でも、交換出来ればまだまだバッグは使えます。

 

今回の担当は 加藤クリーニングでした。

Kato-cleaning.net

 

 

この記事を書いた人

加藤美智代
加藤美智代
クリーニング、シミ抜き、復元加工、キズ・穴修理、ファスナー修理、リペア、リフォーム等 お気軽にご相談下さい
加藤クリーニング
群馬県太田市
LINEで送る
Pocket