バッグの持ち手革交換修理です。

持ち手に巻いてある黒い革部分が劣化してやぶれ切れてしまってます。

皮革製品が劣化して切れた場合などはペイントやパテ埋めなどでの修復は難しいので、傷んだ部分の取り換え修理になります。

革巻き持ち手の部分をすべて外しまして採寸して同じように革で巻部分を作り取り付けて交換修理いたします。

革の質感等全く同じにはなりませんが、新しく黒い革を準備して加工修理することで持ち手部分は新しくなったようなイメージになりますね。

今回は元々巻いてある革部分を外して加工修理しておりますが、革の持ち手や生地の持ち手・合成皮革の持ち手など劣化して傷んだ部分の上から革を巻いて修理する場合もあります。

バッグの取っ手部分というのは一番触る部分ですから当然汚れやすいし傷みやすい。

トートバッグやビジネスバッグ・ボストンバッグ等々、この手の短めの持ち手のバッグは多くあります。

もちろん持ち手自体を作り上げて交換修理することもできますが、加工範囲が大きくなればその分後予算も上がります。

まだまだ使いたいけど、あまりお金はかけたくないって場合は修理方法の選択肢の一つとして考えていただくのもいいかもしれません。

この記事を書いた人

川畑誠之
川畑誠之アトリエ革作・ジーンズリペア工房jeans704代表
ジーンズや皮革製品など厚物中心に修理・メンテナンスをしております。
ジーンズリペア工房 jeans704 ・バッグ修理工房 革作Re
111-0053
東京都台東区浅草橋2-24-3 1F
TEL : 03-6876-4821‬
LINEで送る
Pocket