リペアクリーニングドットコムにご来店ありがとうございます!

今回は、ブラウスにボタンホールを作る作業をご覧いただきますね。

前開きではなく かぶる形のブラウス。

胸の部分にボタンをつけて開き過ぎないようにしたい とのご要望です。

ボタンホールの数はひとつで とのこと。 

ボタンは、袖についているものと同じスボタンがスペアとして ブラウスの内側に

ついていましたので そのボタンを使うことになりました。

ボタンホールはミシンで作ります。

ミシンについている押さえをはずして ボタンホールを作る為の押さえにつけかえます。(ミシンの横の箱のようなもの)

押さえは 用途によってさまざまな種類があります。

布端を折り曲げながら縫える「三巻(みつまき)押さえ」やギャザーを作ってくれる「ギャザー押さえ」 等など。

押さえ金の他にも多数のアタッチメントがありますが、それらを活用することで技術の幅も広がります(^O^)/

こんな感じに仕上がりました!

お洋服でお困りの際は リペアクリーニングドットコムの加盟店、又は当店にご相談下さい。

 

今回の担当は 群馬県太田市の加藤クリーニングでした。

http://kato-cleaning.net/

 

 

 

この記事を書いた人

加藤美智代
加藤美智代
クリーニング、シミ抜き、復元加工、キズ・穴修理、ファスナー修理、リペア、リフォーム等 お気軽にご相談下さい
加藤クリーニング
群馬県太田市
LINEで送る
Pocket