今回は裂けてしまった部分を修理した事例です。

ブラウスの両脇の部分が裂けてしまっています。

お客さま曰く購入してそんなに着てないしちょっと高かったということなどできっちりお直しさせて頂きます(^^)

 

元々しっかりした作りで袖の内側の縫い合わせもきちんとパイピングしてあります。

しかし生地の目が荒い割にはステッチ幅が広いためこのような状態になってしまったのだと思います。

↓↓↓ Before ↓↓↓

ということで、また同じようにならないようにステッチの幅を細くし本数も増やして修理しました。

↓↓↓ After ↓↓↓

これでまた同じように裂けてしまうことはないと思います。

当店ではこのようにお気に入りのアイテムの「困った!」を解決する方法をご提案致します!!

ぜひお気軽にご相談下さい(^^)

 

 

この記事を書いた人

猿山晃一
猿山晃一日の出クリーニング店主
埼玉県越谷市の修理も出来るクリーニング店
日の出クリーニング
衣類に限らずバッグ・靴・チャイルドシートなどのトータルメンテナンス出来るお店です。
LINEで送る
Pocket