ファスナーのトラブルはイヤですね。

ズボンやジャンパー・ブルゾン、布団カバーやバック至るまで、ファッション(デザイン)の一部分であるばかりでなく、開けたり閉めたりという重要な機能をもつ部品です。
ファスナーが損なわれると、衣料としての用、そのものを成さなくなるケースがほとんどです。

ケースとしては、取ってがとれた、本体そのものが外れた、片側が外れた、閉めたけど閉まらない(すぐ開いてしまう)、固まって動かなくなってしまった等々、枚挙にいとまがありません。

今回は(すぐ開いてしまう)というトラブルでした。

よくネット等の情報などで、このよう時はファスナー本体(スライダーという)をペンチで締めればいい!なんていうのを見かけますが、本体を傷つけてしまったり、きつく締めすぎて壊してしまったりしかねません。
うまくその場では直ったとしても、時間が経つと又同じ症状に逆戻りしたりもします。

確かに今回はレールの部分(エレメント)には損傷無いので、スライダー部分を新しいものに交換すれば、機能は新品同様でしかも廉価に直すことができます。

更に今回はケースでは、修理対象のスライダーの(今付いている純正の)取っ手をそのまま生かして修理できましたので、まさに新品に蘇ったカタチとなりました。
お客様にも大変喜んでいただけました!

ご相談は下記リンクから>>>
http://www.cleaning-waga.com/

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/magokoro.cleaning.waga/

この記事を書いた人

Satoshi Takada
Satoshi Takada
まごころクリーニング わが
住所:〒330-0845 埼玉県 さいたま市大宮区仲町3-129

簡単な説明
⚫人と地球・衣類に優しい「ナチュラル・エコクリーニング」
⚫あきらめていたあの服が蘇る「感動しみ抜き‼ 匠抜き!」
⚫キレイを宅配,らくらく「ラクーンデリバリー」
詳細
創業1963年 地元さいたまで半世紀!
◼全国クリーニング組合連合会技術部会会員
◼クリーニング師(国家資格)6名在籍
◼しみ抜き復元加工京技術会認定
◼優良施設さいたま市保健所所長賞受賞
電話番号:0120-119-629
ウェブサイト:www.cleaning-waga.com/
LINEで送る
Pocket