立春が過ぎて暦の上では春になりましたが
寒さはまだまだ続きますね。

本日の担当は
千葉県船橋市のクリーニングオオタです。

今回の事例は
ブーツのメンテナンスです。

スレと色褪せで、すっかり草臥れたような
雰囲気になってしまっています。

革の表面もカサカサになり硬くなってしまっています。

靴底もすり減ってしまい土台が出てしまっています。
このまま使っているとカカト本体が傷んでしまいます。

栄養分たっぷりのクリームを塗り込んで
失ってしまった革本来のしなやかさを取り戻します。

スレと色褪せをしてしまった場所には化粧を施していきます。

ご覧の様に
色もツヤも戻りました♪

すり減った靴底も
リペアによる張替えで新品同様!

私達の皮膚は皮脂等を分泌することによって
潤いを保っています。

それでも乾燥するこの季節は
お肌がカサカサしたり荒れてしまいますよね。

皮革は生きていると言いますが
もう自ら皮脂を分泌する事は出来ません。

こまめに栄養クリームを補ったり
汚れを洗い流してあげて下さい。

皮革製品は定期的なお手入れで
とても長持ちしますし
エイジングによる何とも言えない風合いも出てきます。

皮革製品のお手入れで
お困り事がございましたら
私達
repair929.com
のお店にお任せ下さいませ。

この記事を書いた人

太田 栄司
太田 栄司
千葉県船橋市でファスナーの修理から洋服のキズ穴リペア、ジーンズのダイアナリベアまで出来るクリーニング店です。
染み抜き・復元加工も得意としてますので、「衣類の困った」がございましたらお気軽にご相談下さい。
LINEで送る
Pocket