レザーダウン穴修理

レザーダウン穴修理

レザーダウンコートの破れ修理ですね。

ポケットの周りに負荷がかかり切れてしまったようです。

コートのポケットなどは腕を入れたりするケースも多くちょっとしたひょうしに無理な負荷がかかり切れてしまう事もあるかも知れません。

今回もそんな事例です。

ポケット周り、サイドの縁から内袋にそって多く革が切れています。

重衣料の穴を修理する場合、裏の構造が重要な要素になります。

裏からアプローチして修理しますので、裏地や芯材、構造など加工できるように解いて修理をいたします。

穴の大きさにや修理のアプローチ方法などで予算は変わってきますのでその点御理解いただくことが必要です。

今回も、裏地を解き芯材を避けながら作業しております。

ポケット縁部品は内側から折り込んで目立たないよう縁部品で縫い込み。

補強布をあてて強度を出しております。

下の裂け目は、革をドン付きで合わせ銀面の少し下を手縫いで縫い合わせ表面からは縫ったように見えぬよう加工して穴をふさぎ柔らかな布を裏から貼り付け補強修理しております。

切れた部品、ある程度傷感は残りますがパッと見目立たないようにはなっているかと思います。

革(レザー)の破れ、切れ、穴の修理はお任せ下さい。

この記事を書いた人

川畑誠之
川畑誠之アトリエ革作・ジーンズリペア工房jeans704代表
ジーンズや皮革製品など厚物中心に修理・メンテナンスをしております。
ジーンズリペア工房 jeans704 ・バッグ修理工房 革作Re 東京都港区芝4-18-3 1F TEL:03-5443-6064
LINEで送る
Pocket