本日の投稿は、衣類のお医者さんチャム熊谷店です。

ビジネスシーンで見かけるボタンダウンYシャツ、襟の先端がボタンで留めて襟が立ちかっこいいですね。

そんなYシャツの破れのお直しです。

破れたところの穴をふさぎ裏から補強をした後、ボタンを付けるのですがそれだけですと引っ張られてボタンが取れてしまう為ボタンを付けるときに裏にもう一枚生地入れてボタンと一緒に縫い付けました。

これで、色々なビジネスシーンで活躍できます。

また、クリーニング店の温水Yシャツ洗いにも、プレス機にも耐えることができ、気兼ねなくまた出すことができます。

※ チョコット豆知識

ボタンダウンは、1990年代初頭にジョン・ブルックスが競馬競技「ポロ」を見に行ったとき、ユニフォームの襟が風にあおられバタバタするのを押さえるために、、ボタンで留めているのを見て取り入れたそうです。当時は、「ポロ・カラー・シャツ」という名所のようですが、典型的なアメリカンスタイルのシャツと認知され、「襟が小さなボタンで留められている」という意味で「ボタンダウン」と呼ばれるようになったそうです。

 

DSC_0829

破れビフォー

DSC_0830

穴かがり

DSC_0836

破れお直し アフター

 

この記事を書いた人

田嶋 章雄
田嶋 章雄
衣類のお医者さんチャム 熊谷店 埼玉県熊谷市でクリーニング・しみ抜き・リフォーム・キズ穴・ファスナー修理・皮革製品などファッションアイテムのお困りごとなどお気軽にご相談ください。
埼玉県熊谷市村岡183-2
TEL 048-536-0202
Info@clean-tajima.co.jp
LINEで送る
Pocket