今回は作業ズボンの裂けの修理事例です。

大きく裂けてしまった作業ズボン、当然このままでは履けませんよね。

お客様は捨ててしまうことも考えたそうですが、新しいものを買うより安く直ればとご相談頂きました。

↓↓↓ Before ↓↓↓

裂けてしまった部分を大きく縫い込めば見た目には綺麗に直りますが、それではヒップがきつくなってしまいます。

そのきつくなった部分を他の場所で逃がす作業をすると手間がかかるため料金が高くなってしまいます。

ということでその辺のバランスを考えながら修理をさせて頂きました。

↓↓↓ After ↓↓↓

見た目も綺麗にヒップもほとんど詰めることなく修理することが出来ました。

 

このようにお客様のご要望に沿うよう最善の修理方法をご提案致します。

諦めてしまう前にぜひご相談下さい

この記事を書いた人

猿山晃一
猿山晃一日の出クリーニング店主
埼玉県越谷市の修理も出来るクリーニング店
日の出クリーニング
衣類に限らずバッグ・靴・チャイルドシートなどのトータルメンテナンス出来るお店です。
LINEで送る
Pocket