紳士ズボンのポケット擦り切れ修理について

ズボンのポケット口は、いつの間にかやぶれたり擦り切れて気になりますね。

当店のポケット修理で、擦り切れた部分がほとんど分からなくなりますよ。

この修理は、共布が無い場合でも、裾や靴ずれから共布を取って、ほつれや破れを隠します。

ボロボロになったポケット入口に、同じ布をかぶせて目立たなくしてしまいます。

左ポケット、スレの修理をいたしました。かぶせてしまえばまったくわからなくなります。

 

bata100

 

 

右ポケットのボロボロを、裾から取った生地で修理をしています。

 

bata099
ポケット口の破れ、ほつれの修理は片側1,500円 両方で3,000円です。

他にも修理方法はいろいろありますが、こちらの修理は見た目がとても綺麗なので好評です。

もし、布が取れない場合は、ポケット口が少し湾曲しますが綺麗に直すことが出来ます。

ポケットが側線と並行な場合の修理

また、ポケットの形が側線に沿って真っすぐだったら、上の写真のように斜めのポケットに作り変えることも可能となります。

(元々斜めのポケットは、もっと斜めになるのであまりおすすめは出来ません。)

ウエスト部分を外して、手間がかかるためにこちらの修理はもう少しお値段がかかりますが、新品同様に直ります。

ズボンのポケットの擦り切れは、あきらめないでご相談くださいね。

携帯や、財布などでの穴あき

また、最近多いのが、携帯をポケットに入れておくことで、携帯の角が当たる部分が穴が開いてしまうケースです。

こちらも、貼り付け修理をしたり、ミシンで補強したりすることで、目立たない修理も可能です。

薄い生地は、かけはぎをしても目立ってしまいますので、当店の簡単修理、共布の貼り付け修理(500円~)がおすすめです。

穴の大きさによっても、縫い込んで裏から補強したり、いろいろな修理方法がありますので、まずはご相談下さいね。

大事な衣類でしたら、かけはぎでほとんど分からなくする修理も承っております。(かけはぎは、修理が出来ない生地もございます。)

店頭でサンプルをご覧いただいたり、生地によってもおすすめの修理方法は異なりますので、また、長く使えるように、なるべくお安く、目立たないように修理をご提案させていただきます。

この記事を書いた人

Toshio Maeda
Toshio Maeda
八王子市のマルエイクリーニングです。
普段使用している一般衣類も、まだ着れるのでしたらお直してみませんか?
すぐに捨ててしまうのは「もったいない」ですね。
穴修理も「かけはぎ」は、高額で時間もかかるイメージですが、当店のキズ・穴修理は、よりお手軽な価格からご提案出来る、早く、綺麗にする「新リフォーム」です。
ジーンズ・ニット・洋服のキズ・穴修理は、『簡単修理』(特殊接着・縫込みなど)~『編み直し・かけはぎ』まで、お客様のご要望に合わせてお見積りいたします。

マルエイクリーニング
〒192-0912  東京都八王子市絹ヶ丘1丁目22-20
TEL・FAX 042-635-6234
営業時間 AM8:00~PM7:30
定休日 日曜・祝日
駐車場あり
京王線 北野駅・長沼駅より徒歩10分程度
LINEで送る
Pocket