何度かリペアされているEDWINのジーンズの太もも部分にダイアナ(大穴)が開いてしまいました。
古い物だけれど、娘さんに買ってもらった物なので可能な限り直しながらでも履き続けたいそうです。

image

破れてしまった場所の周りの生地も弱って薄くなっているので、広範囲に裏から布で補強しますので多少生地が硬くなりますが丈夫になります。

破れた場所は1本線がある様になりますが、実際にお召しになられた時には違和感を感じない仕上がりになってます。

image

ジーンズは真っさらであるよりダメージ感やスレ感がある方がカッコ良いとされ、その様になるようにわざわざ加工している商品もあるカジュアルの王道アイテムです。

ジーンズリペアで貴方のジーンズも上手に味のある自分だけの1本に育ててみませんか?

この記事を書いた人

太田 栄司
太田 栄司
千葉県船橋市でファスナーの修理から洋服のキズ穴リペア、ジーンズのダイアナリベアまで出来るクリーニング店です。
染み抜き・復元加工も得意としてますので、「衣類の困った」がございましたらお気軽にご相談下さい。
LINEで送る
Pocket