今回の事例はジャンパーの袖口リブの修理です。

去年くらいからMA-1タイプのジャンパーが流行してますね(^o^)

お客様からの依頼内容は袖口のリブをどうにかしてもらえないですか?と言うものでした。

↓↓↓ Before ↓↓↓

このMA-1はちょっと年季の入ったものだったのですが、左袖の外側が画像のように擦り切れてしまっていました。

多分、時計が擦れて擦り切れてしまったんだと思います。

このタイプの物は新品のリブに交換することも出来るのですが料金が高額になってしまいます。

お客様と相談した結果「穴かがり」という方法で直すこととなりました。

 

↓↓↓ After ↓↓↓

色々なバランスを加味しながら修理しました。

 

ミリタリー系のアイテムはこだわのニーズにも可能な限り対応致します。

破れやファスナー破損などでデットストックになっているみミリタリー系アイテムがございましたらぜひご相談下さい。

ご要望に沿うよう最善のご提案を致します!!

 

この記事を書いた人

猿山晃一
猿山晃一日の出クリーニング店主
埼玉県越谷市の修理も出来るクリーニング店
日の出クリーニング
衣類に限らずバッグ・靴・チャイルドシートなどのトータルメンテナンス出来るお店です。
LINEで送る
Pocket