セーター、カーディガン、ニット製品の虫食い穴のリペア・修理

秋本番となってまいりました。

防寒着なんかを、慌ててクローゼットの奥から取り出す方もおられるでしょう。
ニット製品なんか、この時期ピッタリのアイテムですね。

ところが、出してきたものの、虫に食べられていて穴がパックリ!なんてことだったら。。。。
こんなトラブル、少なくないんですよ。

以下、エステーさんからの引用ですが、

防虫対策で大切なのは、衣類害虫が住みやすい環境をできるだけつくらないこと。虫の活動は、以下の条件で活発になるので、これらを踏まえた上で、防虫対策を行いましょう。

①温度・・・気温15~25度で衣類害虫が活発に。30度を超えると活動が鈍くなる

②湿度・・・虫は湿度60%以上のジメジメした場所が大好き。

③栄養・・・衣類害虫は繊維やたんぱく質を食べる。ほこりも大好きで、汚れたタンスやクローゼットは天国

そして、何より大切なことは!
それは。。。。。

そもそも、春になって次のシーズンまでしまって置くときの備えなんです!!よ!

衣類害虫は繊維の中でも、ウールやカシミヤ、シルクなどのやわらかい動物性繊維を最も好み、
綿、麻などの植物性繊維も食べてしまいます。
さらに、ポリエステルなどの化学繊維でも食べこぼしや皮脂などで汚れていると、食べられる可能性があります。

虫食いのリスクを下げるためには、収納の前に衣類の汚れを落とす「しまい洗い」が必須!!
食べこぼしや皮脂など衣類害虫の栄養源になる汚れは、
洗濯やクリーニングでしっかり落としてしてから衣類をしまいましょう

また、収納場所にホコリや汚れがあると害虫がすみつきやすくなるので、タンスやクローゼットの掃除も忘れずに。

でも、もし空いてしまった穴には、お任せください!

ご相談は「まごころクリーニングわが」下記リンクから>>>

http://www.cleaning-waga.com/

フェイスブックページ

https://www.facebook.com/magokoro.cleaning.waga/

 

 

 

この記事を書いた人

Satoshi Takada
Satoshi Takada
まごころクリーニング わが
住所:〒330-0845 埼玉県 さいたま市大宮区仲町3-129

簡単な説明
⚫人と地球・衣類に優しい「ナチュラル・エコクリーニング」
⚫あきらめていたあの服が蘇る「感動しみ抜き‼ 匠抜き!」
⚫キレイを宅配,らくらく「ラクーンデリバリー」
詳細
創業1963年 地元さいたまで半世紀!
◼全国クリーニング組合連合会技術部会会員
◼クリーニング師(国家資格)6名在籍
◼しみ抜き復元加工京技術会認定
◼優良施設さいたま市保健所所長賞受賞
電話番号:0120-119-629
ウェブサイト:www.cleaning-waga.com/
LINEで送る
Pocket