ダメージ加工ジーンズの穴あきリペア

いつもRepair929(リペア929)をご覧いただきありがとうございます。
本日の担当は、福岡市のしみ抜き専門店「アイチャク284」のあやです。

今回は、DISELのダメージ加工を施されたジーンズのご依頼です。
膝あたりの生地が薄くなって穴があいてしまったので、、、着る時に足の指が引っかかってしまうので、リペアをしてほしいとのご相談でした。

ダメージ加工と着用による破れ。同じ破れでも、似ているようで、ちょっと違う。
見る人が見れば、わかるこの違い。
そして、膝あたりの破れは、親指が引っかりやすいですよね。。。

ジーンズの全体イメージ

まずは、全体的なバランスを見ながら、お客様とどのようなリペアにするかカウンセリングを行います。
一言でリペアと言っても、いろんな修理方法があるので、仕上がりのイメージをお伝えしながら、打合せ。

今回は周りのダメージ加工に近い方法のリペアをご提案させていただきました。

ダメージ加工

元々ある、ポケット下の部分に施されたダメージ加工です。
横にグレーのステッチ糸が入ってますね。

そして、今回のご依頼は、ひざの部分リペア。

ジーンズの膝の穴あき

ひざの部分も、同じように縦に避けてしまってます。
まずは、まわりの生地が薄くなっていないか?確認して、リペアする範囲を決めます。

まわりの生地が薄くなっていると、穴のあいた部分だけリペアを行っても、すぐ横からまた破れてしまう事があるので、少し大きめにリペアする事をおすすめしてます。

ジーンズのひざ穴リペア修復後

今回は、大き目にリペアしたあと、他のダメージ加工と雰囲気を近づけるため、同じように横ステッチを太めの糸で縫いました。
細い糸と、太い糸を両方使い別けることで、リペアの感じが変わりますね。
もっと、デザイン性を出したい場合は、綺麗な目立つ糸でのステッチで縫う事も可能ですよ。

春になって、久しぶりにジーンズを履いたら、ビリッ!!なんてトラブルは、お近くのリペア929加盟店にご相談くださいね。

この記事を書いた人

あや
あや
福岡市のファッションメンテナンス専門店 アイチャク284(にはちよん)★★★しみ抜き、染色、リフォーム、ジーンズリペア、オーダー作成などなど。。。お洋服のあらゆるお困りごとを解決するショップです。特に、しみ抜きは、クリーニング店様へ技術指導を行ったり、テレビ出演、洗濯講座なども行っています。お洋服に合った最善のメンテナンス方法をご提案しますので、まずは、お気軽にご相談くださいね。
★★★
〒815-0041 福岡市南区野間1丁目5-20 1階 しみ抜き専門店 アイチャク284
TEL(職人直通電話):080-4319-0284
LINEで送る
Pocket