パンツについた革用接着剤のしみ抜き

いつもRepair929(リペア929)をご覧いただきありがとうございます。
福岡のしみ抜き専門店 の「アイチャク284」あやです。

今回は、革が使われたパンツのベルト部分についた、黄色のしみです。
ベルトをしてしまえば、ほぼ気にならない場所についた小さな小さな黄色いしみ。
でも、1度気になり出したら、、、気になる。
そんなシミですね。

皮革が使われた衣類は、クリーニングでも特別な洗い方をしたりと、気を遣う衣類の1つですね。
しかも、見た感じだとボンド系のシミのようで、ガッツリくっついておりました。

「たぶん、、、、革に使われるボンドかな?」そんな事を考えながら染み抜きしています。

そして、あまり強くゴシゴシと染み抜きすると、地色のベージュが色抜けしてしまいます。
なので、力技では落ちないので、薬品の知識と繊細な施術が必要ですね。

細かく、何度も施術を繰り返して、色を抜く事なく、革に影響もでずに一安心。
綺麗にしみ抜きできました。

ボンドや、接着剤は、とっても落ちにくいです。

時間をかけて、丁寧にしみ抜きをすれば綺麗に落ちてくれますよ。
これで、心地よく愛着できますね!

この記事を書いた人

あや
あや
福岡市のファッションメンテナンス専門店 アイチャク284(にはちよん)★★★しみ抜き、染色、リフォーム、ジーンズリペア、オーダー作成などなど。。。お洋服のあらゆるお困りごとを解決するショップです。特に、しみ抜きは、クリーニング店様へ技術指導を行ったり、テレビ出演、洗濯講座なども行っています。お洋服に合った最善のメンテナンス方法をご提案しますので、まずは、お気軽にご相談くださいね。
★★★
〒815-0041 福岡市南区野間1丁目5-20 1階 しみ抜き専門店 アイチャク284
TEL(職人直通電話):080-4319-0284
LINEで送る
Pocket