コート袖付け ホツレの修理・リペア

一年でいちばん寒さの厳しい季節になってまいりましたね。
いかがお過ごしでしょうか?

初詣やその他、お出かけになられた方も多いのではないでしょうか。
人混みの中で身動きできない状態から、不意に引っ張られたりして驚く!なんてことあったりしますよね。

今回はそんな事例です。
アウターのコートが何かに引っかかったのか、無理にひっぱられたのか、身頃と袖の縫い目(袖付け)がほつれてしまいました。

洋裁は「立体化」を考えた曲線縫いが要所に見られますが、特に袖付けの箇所は顕著です。

布地を立体的にするためのタックとか、ギャザーにならないように布地の一定方向の寸法を短くしなければなりません。

その方法を「いせ」(いせこむ)といいます。
漢字で書くと 【縮縫 】 となります。
布を縮めて、ふくらみや丸みを出す技法。細かくぐし縫いをしてアイロンなどで形作ります。
最大に発揮されるのは、袖山の部分です。

今回は比較的カーブの緩い箇所でしたが、裏地も付いていたため、一旦解いてリペアしました。

http://www.cleaning-waga.com/

⇑⇑ホームページアドレス

ご相談は「まごころクリーニングわが」まで、お問い合わせください。

⇊Facebookページ

https://www.facebook.com/magokoro.cleaning.waga/

この記事を書いた人

Satoshi Takada
Satoshi Takada
まごころクリーニング わが
住所:〒330-0845 埼玉県 さいたま市大宮区仲町3-129

簡単な説明
⚫人と地球・衣類に優しい「ナチュラル・エコクリーニング」
⚫あきらめていたあの服が蘇る「感動しみ抜き‼ 匠抜き!」
⚫キレイを宅配,らくらく「ラクーンデリバリー」
詳細
創業1963年 地元さいたまで半世紀!
◼全国クリーニング組合連合会技術部会会員
◼クリーニング師(国家資格)6名在籍
◼しみ抜き復元加工京技術会認定
◼優良施設さいたま市保健所所長賞受賞
電話番号:0120-119-629
ウェブサイト:www.cleaning-waga.com/
LINEで送る
Pocket