ジーンズ 裾ダメージのリペア

今回も repair 929.comをご覧いただきありがとうございます。

桜🌸が北上していますね〜

もう 満開のところもあって 春爛漫ですね^_^

さて、今回の事例は ジーンズ。 裾のリペアです。

ズボンの裾が足の甲に乗り、たわみができることを

「クッション」と 呼びます。

ジーンズの場合 「ワンクッション」(裾が足の甲にしっかり当たり たわみがひとつできる程度の長さ)が いいみたいですね。

もちろん どんな靴をはくかということと、裾の幅にもよりますが…。

ワンクッションの裾ですと どうしても後ろ側が擦れてしまいますね。それもいい味だと思いますが(^^)

ですが 履き続けていると だんだんとダメージが大きくなってしまいます。

で、裾のダメージを修理させて頂きました。

このジーンズは 右側だけの修理です。

左側は 修理が施してあり ダメージはありません。

右側だけ 裾の一部 デニムが擦れてなくなっていました。

このジーンズは 両側のダメージ部分をミシンでたたき ステッチをかけました。

このジーンズも右側だけ 同じくミシンでのたたきとステッチのかけ直しです。

ダメージは スレや汚れによってできます。

放っておくと ダメージの範囲が大きくなってしまいます。

そうなる前に リペアすることをお勧めします。

今回の担当は 加藤クリーニングでした。

http://kato-cleaning.net

この記事を書いた人

加藤美智代
加藤美智代
クリーニング、シミ抜き、復元加工、キズ・穴修理、ファスナー修理、リペア、リフォーム等 お気軽にご相談下さい
加藤クリーニング
群馬県太田市
LINEで送る
Pocket