「暑さ寒さも彼岸まで」とは良く言ったものですね。
彼岸明けの今日は涼しいを通り越して寒いくらいです。

本日の担当は
千葉県船橋市の
クリーニングオオタです。

今回の事例は、スラックスの焦げ穴修理です。
裾の辺りに穴が開いてますね。

こちらのご依頼主さん、ヘビースモーカーさんでして頻繁にこのような煙草による焦げ穴を作っては修理を依頼して下さいます。

煙草の火でスラックスに穴が開くのですから1歩間違えば火事になってしまわないかと心配してしまいます。

スーツとしてお召になるスラックスではなく作業着感覚で着用されているお品物で、穴がある場所は裾で曲げ伸ばし等の力が加わらない場所なのでイージーリペアの「貼り付け修理」を施術しました。

修理跡が残りますが着用したら気にならないレベルだと思います。
1ヶ所ワンコインのリーズナブルなお直しですが、なかなかのクオリティだと思いませんか?

「貼り付け修理」ですが特殊な樹脂フィルムを使用しておりますので洗濯したら取れてしまった…なんて事もありません。
もしも直ぐに取れてしまうような事がございましたらやり直しと補強も致しますのでご安心下さい。

衣類の困った(>_<)がございましたら repair929.com加盟店の当店にお任せ下さい。

この記事を書いた人

太田 栄司
太田 栄司
千葉県船橋市でファスナーの修理から洋服のキズ穴リペア、ジーンズのダイアナリベアまで出来るクリーニング店です。
染み抜き・復元加工も得意としてますので、「衣類の困った」がございましたらお気軽にご相談下さい。
LINEで送る
Pocket