ダッフルコートのボタンの作り替え

いつもRepair 929(リペア929)をご覧いただきありがとうございます。
今回の担当は、福岡のアイチャク284のあやです。

冬になるとご相談が多い、合成皮革のお洋服。さて、今回はニットカーディガンのダッフルボタンの作り替えのご相談です。

長年愛用していると、ボタンや合皮が劣化して、気づいた時にはびっくりするぐらいボロボロの経験ありませんか?

 

これは、合成皮革のトラブルでは避けられない症状です。

 ★合成皮革皮革とは?

  布地をベースにして、その上にポリウレタン樹脂を厚く塗ったり、貼り合わせたりした物です。
表面は、天然革に似せて、シワを人工的に作り出している素材です。

ポリウレタン樹脂ということは、、、
ある程度使い続けていると、劣化が起きる素材です。
一般的には、製造から3年経つと、ベタつきが起きたり、剥がれたりしてきてもおかしくない素材と言われています。

ただ、最近では、革と見分けがつかないぐらいのクオリティで作られた物も販売されていますね。

でも、大きく違うのは、、、、
永く愛用して、メンテナンスをしっかりすれば味が出て、一生使えるのは、革。
永く愛用して、メンテナンスをしっかりしていても、劣化を避けられないのが合成皮革。

見た目は似てるけど、使い続けると大きな差が出てきますね。




傷んで、ボロボロに剥がれてきていた部分を、すべて作り替えると、こんな感じに仕上がりました。

皮革で作り替える事もできますし、合成皮革で作り替えることもできます。
そして、お気に入りの布でも、作る事もできます。

まずは、縫い付けてある部分を取り外して、型紙をとり、同じ位置に縫い付けます。
外すだけなのに、ボロボロでニットの中に入り込んでしまって、手もベタベタしてました。
そして、色移りも見受けられます。。。

元と同じにしたかったので、作り替えても色移りの部分が目立つ所は、しっかり染み抜きして綺麗な状態にしてからのリフォームになります。
今回は、染み抜きとリフォームを同時に行っています。

布の部分はすべて作り替え、ひもの部分も新しく交換しました。
お母さまからのプレゼントだったらしく、出来上がりを見て、とても喜ばれてお持ち帰り下さいました。良かったです。

この記事を書いた人

あや
あや
福岡市のファッションメンテナンス専門店 アイチャク284(にはちよん)★★★しみ抜き、染色、リフォーム、ジーンズリペア、オーダー作成などなど。。。お洋服のあらゆるお困りごとを解決するショップです。特に、しみ抜きは、クリーニング店様へ技術指導を行ったり、テレビ出演、洗濯講座なども行っています。お洋服に合った最善のメンテナンス方法をご提案しますので、まずは、お気軽にご相談くださいね。
★★★
〒815-0041 福岡市南区野間1丁目5-20 1階 しみ抜き専門店 アイチャク284
TEL(職人直通電話):080-4319-0284
LINEで送る
Pocket