ニットの季節がやってきました。

今回は2種類の事例のご紹介です。

まずは、こちらのニット。編み目がほつれてしまっています。

ほつれた目を一目ずつかぎ針で拾っていきます。

若干跡が残っていますが、ほとんどわからなくなりました。

こちらのニットは、糸が切れてしまって穴になってしまっています。

糸が切れてしまっていては、目を拾うことができません。

こちらは細~い糸を使って、少しずつ少しずつ穴を小さくしていきます。

この様に仕上がりました。

細~い糸を使っているので、糸が表に出ることはあません。ニットのお色味だけで穴は塞がります。

これから大活躍のニット製品。

着ようとしたら虫に喰われていた!引っかけてほつれてしまった!なんて事があってもまだまだ着用できます。

ニット製品のお直しもこの様に可能です。

諦めて捨てる前に一度当店にご相談ください。

 

LINEで送る
Pocket