バッグ持ち手付け根修理

バッグの持ち手の付け根革修理です。

バッグ、カバンの修理では良くあるケースですね。

持ち手部分と言うのは当然動きのある部分です。

付け根部分ともなると、それなりに負荷が大きくかかります。

長く使っていますと当然痛んできますね。

バッグ本体とつながる、付け根部分は革のループなどになっていますので、切れてしまうと持ち手がとれてしまいますから、当然バッグが使えなくなってしまってこまります。

今回のお品物も付け根革が切れていました。

運良く目立たない内側の部分が切れていましたので、切れた革を生かして内側に革を重ねて足して補強しましてなおしました。

付け根革を切って、新しくループを作るお直しもありますが、それだと革の雰囲気が変わってしまいますので、お客様と相談しながら直し方決めさせていただきました。

バッグの持ち手ひとつとっても、色々な直し方があります。

バッグでお困りの際は一度ご来店いただきご相談ください。

この記事を書いた人

川畑誠之
川畑誠之アトリエ革作・ジーンズリペア工房jeans704代表
ジーンズや皮革製品など厚物中心に修理・メンテナンスをしております。
ジーンズリペア工房 jeans704 ・バッグ修理工房 革作Re
111-0053
東京都台東区浅草橋2-24-3 1F
TEL : 03-6876-4821‬
LINEで送る
Pocket