ベストの脇つめ袖口つめの直し

Repair929.comをご覧いただきましてありがとうございます(*^^)

今回はベストの脇つめ袖口直しの紹介です。

身幅はゆったりしていて良いのだけど、

上着を着ると脇の下あたりがきつくなってしまうので、つめて欲しい。

もともとは袖口にリブが付いていたデザインだったそうですが、

お客様がご自身で外したそうで、その切った端もキレイにして欲しい、

袖口も少し狭くしたいとのご希望です。

袖口は裁ち切りになっていました。

1.5センチくらい短くなっても良いとのことでしたので、

カバーステッチミシン仕上げ始末でキレイになりました。

袖丈を短くしたくない場合、袖口をパイピング仕上げにしたり、

裏側に見返し布を付けてできるだけ長さを変えない仕上げも可能です。

スッキリ仕上がりました。

お客様のご希望やご予算から様々なお直しの仕方をご提案させていただいております。
衣類のお困りごとがございましたら、あきらめる前に一度ご相談ください。

 

この記事を書いた人

三田葉子
三田葉子
ソーイング工房Leaf(リーフ)
埼玉県さいたま市で女子学生服縫製・販売をしています。リフォーム・リペア・キズ穴修理・ファスナー修理等。
ボタン付けから本格リフォームまでお気軽にご相談ください。
埼玉県さいたま市西区佐知川1623 ミキ洋装内
連絡先 leaf704@kind.ocn.ne.jp
LINEで送る
Pocket