気がつけば 9月も下旬。

あんなに暑かった夏も 終わるんですね^_^

さて、今回は、お気に入りのレースジャケットの袖が キツくなってしまったので、お直しして欲しい とのご依頼を受けた事例をご紹介いたします。

 お客様は、なんと!袖を切って持っていらっしゃいました(^^;)

共布として 脇に使って と。

 既製品は ほぼ縫い代がないので 袖ぐりを出すことは出来ません。

どのくらいゆとりが出来るか分かりませんが 脇にマチ入れをしたいと思います。

まず、切られた袖口のレースを外し、マチを作ります。

身頃側と袖側、そして 裏地の分 計6枚

脇部分を解いて マチをつけます。

点線部分にマチが入りました。

裏地部分にも^ ^

これで 袖周りに 少し余裕が出来ると思います。

外したレースを短くなった袖口につけて完了です。

いろいろなお直し、たくさんの方法、 ご予算に合ったお見積もり。

着用を諦めていたお洋服も 蘇ってくれるかもしれませんので

まずはご相談下さい!

 今回の担当は 加藤クリーニング でした。

http://kato-cleaning.net

 

 

この記事を書いた人

加藤美智代
加藤美智代
クリーニング、シミ抜き、復元加工、キズ・穴修理、ファスナー修理、リペア、リフォーム等 お気軽にご相談下さい
加藤クリーニング
群馬県太田市
LINEで送る
Pocket