革ジャンパーのファスナー修理

師走で忙しい時期になってきましたね。

急に寒くなり、冬物の革製品を引っ張り出してみたらファスナーが閉まらない。

なんてこともあるかもしれません。

ファスナーにも寿命がありますので、メンテナンスが必要です。

 

さて、今回は革のジャンパーのスライダー交換の事例です。

壊れて取れてしまったスライダーを修理します。

スライダーが割れるという事例は、金属疲労や引っかかって力を入れすぎた。

などの理由から起こります。

 

本体は大丈夫なのに、修理でファスナー全交換では修理代金も1万円ほどとなり、高くつきます。

今回のような事例は、ファスナー修理(スライダー交換)を行います。

大きなファスナーで、アンティークなファスナーです。

当店では、アンティークな商品のためにWALDES(ウォルディス)のスライダーを在庫しております。

スライダー交換でしたら、修理も短時間で済みます。

 

壊れてしまったスライダー

革ジャンパーのスライダー交換

 

やはり、スライダーの印象は強いですね。

かっこいいジャンパーにはぴったり合うスライダーが一番です。

WALDESの復刻版のスライダーでほとんど変わらないデザインになりました。

 

革ジャンパーのスライダー交換 全体

 

今回のファスナーの修理のお値段は2,000円(税別)です。

アンティークな革ジャンパーの修理は、リペアクリーニングドットコムのメンバーにご相談ください。

 

マルエイクリーニング

前田俊雄

この記事を書いた人

Toshio Maeda
Toshio Maeda
八王子市のマルエイクリーニングです。
大切な一般衣類をお直してみませんか?
すぐに捨ててしまうのは「もったいない」ですね。
弊社はキズ・穴修理500円~で「接着修理」を、「かけはぎ」は5,000円~で承っております。生地によっては、縫い合わせた方が綺麗になります500円~。
ニット・洋服のキズ・穴修理は、『穴かがり修理』500円~『縫込み修理』500円~『編み直し・かけはぎ』5,000円~まで、お客様の仕上がりのご要望に合わせてお見積りいたします。
ジーンズリペア(1,000円~)ファスナー修理(800円~)もおすすめです。

マルエイクリーニング
〒192-0912  東京都八王子市絹ヶ丘1丁目22-20
TEL・FAX 042-635-6234
営業時間 AM8:00~PM7:30
定休日 日曜・祝日
駐車場あり
京王線 北野駅・長沼駅より徒歩10分程度
LINEで送る
Pocket