ズボン(パンツ)は老若男女問わずご使用頻度の高い衣料で、しかも座ったり立ったり走ったりとするため、キズついたり破れやすいアイテムですね。
今回はズボン後ろの上部にキズと小さな穴があいてしまった事例です。

ウール100%のスーツの上下ですが、この場合、修理の方法としてはいくつかあります。
ひとつは「かけはぎ(かけつぎ)」と言われるもので、本体と共布のそれぞれの織り糸を1本づつ交差させて紡ぎ直すという、かなり高度な技術と手間を要する修理方法です。

透けるような薄地やごくごく淡い色合いの物の場合を除いて、近くでじっくりまじまじと見ても、どこに傷があったのかよくわからないくらい、本当に綺麗に直りますが、修理代がちょっとお高いです。
最低でも1cm四方5000円~になることが多いです。表から目立つ場所に傷がある場合は、高くてもこちらの修繕方法の方がベターですね。

又は、とも布があればそれを使って、なかったら似たような色の布を裏に当て、ミシンで「たたく」方法もあります。あて布の上を細かいミシン目で全体的に細かく縫う方法です。
修理跡はちょっと目立ちますが、廉価にてお直しできます。傷のある場所が表から目立たない場所ならば、こちらの修繕方法でもよいかもしれません。

今回は上記いずれの方法とは異なる、「縫い込み」という方法で修理いたしました。
どうでしょう? いい感じではないでしょうか!
料金もミシンたたきとあまり変わりません。
是非、一度お試しください!

ご相談は下記リンクから>>>
http://www.cleaning-waga.com/

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/magokoro.cleaning.waga/

この記事を書いた人

Satoshi Takada
Satoshi Takada
まごころクリーニング わが
住所:〒330-0845 埼玉県 さいたま市大宮区仲町3-129

簡単な説明
⚫人と地球・衣類に優しい「ナチュラル・エコクリーニング」
⚫あきらめていたあの服が蘇る「感動しみ抜き‼ 匠抜き!」
⚫キレイを宅配,らくらく「ラクーンデリバリー」
詳細
創業1963年 地元さいたまで半世紀!
◼全国クリーニング組合連合会技術部会会員
◼クリーニング師(国家資格)6名在籍
◼しみ抜き復元加工京技術会認定
◼優良施設さいたま市保健所所長賞受賞
電話番号:0120-119-629
ウェブサイト:www.cleaning-waga.com/
LINEで送る
Pocket