ズボンの裏地接着修理

今回はズボンの修理です。

ズボンの裏地は、長く履いていると劣化して破れてしまいます。

今回は折れ線が破れたケースです。

線の部分だけ裂けてしまっています。

薄くて強い接着生地を使用して修理します。

裏地の修理前

接着修理で直します。

ただ、脚の筋力は強くて力がかかるところですので、ミシンのステッチもしっかりと入れます。

裏地の修理後

 

このように修理をすればまた使えますね。

裏地が破れてそのまま放っておくと、膝の生地が伸びて、ズボンが変形してしまいます。

今回の修理は1,300円です。

裏地交換というのが一般的ですが、まだ強度が十分ある生地でしたら接着修理でも問題ないと思います。

もちろん、力の加わる部分ですので、ミシンのステッチもしっかり入れないとすぐに開いてしまいます。

大きく破れてしまったり、生地が劣化している場合は、裏地を部分的にでも交換するしか修理方法がありません。

裏地交換の修理も他のブログでご紹介していますので、ご参照くださいませ。

もったいないの気持ちで修理をいたします。

 

マルエイクリーニング

前田俊雄

この記事を書いた人

Toshio Maeda
Toshio Maeda
八王子市のマルエイクリーニングです。
大切な一般衣類をお直してみませんか?
すぐに捨ててしまうのは「もったいない」ですね。
弊社はキズ・穴修理500円~で「接着修理」を、「かけはぎ」は5,000円~で承っております。生地によっては、縫い合わせた方が綺麗になります500円~。
ニット・洋服のキズ・穴修理は、『穴かがり修理』500円~『縫込み修理』500円~『編み直し・かけはぎ』5,000円~まで、お客様の仕上がりのご要望に合わせてお見積りいたします。
ジーンズリペア(1,000円~)ファスナー修理(800円~)もおすすめです。

マルエイクリーニング
〒192-0912  東京都八王子市絹ヶ丘1丁目22-20
TEL・FAX 042-635-6234
営業時間 AM8:00~PM7:30
定休日 日曜・祝日
駐車場あり
京王線 北野駅・長沼駅より徒歩10分程度
LINEで送る
Pocket

マルエイクリーニング Webサイトからのお問い合わせ

八王子のマルエイクリーニングです。
Webサイトの「お問い合わせ」より画像とご質問等をお送り下さい。