洋服の傷穴修理、ファスナーリペア、お直し、リフォームお任せください

前田 俊雄

maedaマルエイクリーニング

〒192-0912 東京都八王子市絹ヶ丘1丁目22-20
TEL・FAX042-635-6234
営業時間AM8:00~PM7:30
定休日 日曜・祝日
駐車場あり
京王線 北野駅・長沼駅より徒歩10分程
http://maruei-cleaning.com

プロフィール

東京都八王子市でクリーニング業を営んでおります前田と申します。
業界に役立てるように、自ら情報発信し、お客様の生活に役立てる仕事が出来れば幸いです。

なぜ、この仕事を? 本業

私は、八王子の両親が経営する、店舗と住まいが一緒の小さなクリーニング店で生まれ、ずっとクリーニングを見て育ちました。
父は、昭和25年から新宿や世田谷のクリーニング店で働いていた職人で、1964年に府中市の東芝府中工場の近くに「丸栄クリーニング」を貸家で開業いたしました。1973年に現在の八王子市の新興住宅地へ移転し、店舗を構え、少しずつお客様も増えてまいりました。
同時に私もベットタウンの中で育ちました。小学生のころから手伝い、クリーニングへの関心から大学時代は(株)白洋舎でアルバイトをし、夜学の東京クリーニング学校に通い、基礎を学びました。
大学卒業後は、海外にもクリーニング仕上機械を製造輸出している(株)三幸社に就職し、営業職に就き海外営業も経験させていただきました。
その後、転職した医療の在宅酸素を扱う会社で、多くの医師や患者様と知り合う中で、親を大切にすることの大切さを身に染みて感じました。
私には、自営で腰痛の父親、認知症初期の母親が働いていているため、両親への感謝の気持ちと面倒を見てあげたいという気持ちからクリーニングに飛び込み、働くことを決意いたしました。
当初から、温かく見守っていただける地域のお客様には感謝の気持ちしかございません。

なぜ、修理を始めたの?

母親が、裁縫が得意で洋服なども作っていたため、お客様の衣類の修理も難無くこなしておりました。
また、外注の修理屋さんの高齢化により、出来ない修理が多くなり、「何とか自分で出来ないものか。」と修理屋さんと話をしながら盗み見することで技を覚えておりましたところ、13年前にリフォーム業界からクリーニング業界に修理を教えてくれるレッツリフォームの高柳先生と商社の講習会で出会いました。
簡単なキズ・穴修理からミシン修理まで。また、靴・鞄の洗い、リメイクまで学ぶ中で、お客様の求めているものは、クリーニングだけではなく、お気に入りの品物をまた使えるようにして欲しいということだと確信し、トータルメンテナンスとしてクリーニングと同時に修理を学び始めました。今も「レッツリフォーム関東校」で多くの志を共にするクリーニング業の皆様と、リフォーム業界からクリーニング業界に転身された山崎師匠から直接修理を学びながら、技術を磨いております。

あなたが仕事をする上で気をつけている事

サラリーマンから自営として入店した当初は、外側から見るのと実際にやってみることの違いに戸惑い、衣類に合った技術が伴わずにお客様にご迷惑をお掛けした時期がありました。
当店を愛してくれているお客様からの激励や、不満のご指摘や、技術的なことへの関心などが糧となり、喜ばれる仕事がしたいと、真剣に向き合うようになり、解決策が生まれています。
例えば、肩の幅やデザインにに合わせてハンガーを10種類以上の中から最適な物を選んだり、抗菌加工や抗菌カバーでカビの発生を防いだり、お客様にとってより良いことを実践しております。
クレームが多いと言われるクリーニング業の認識を、自分の取り組み方次第で変えられるのではないかと思って取り組んでおります。

これから仕事をどうしていきたいか?

これからのクリーニングは、お客様が大切にしている品物を、出来る限りメンテナンスをして長持ちさせることが、とても大切な時代になると思います。
クリーニングで洗えない品物へのメンテナンス、自分で洗えるから修理のみして欲しい、仕上げのみをして欲しい、自分で洗えないから洗って欲しい、など個々に様々なご要望が存在するため、「トータルメンテナンス」を心掛けて取り組む業態が理想だと考えます。
例えば、「洗うだけでシミが落ちていない状態で戻って来た。」他にも「キズ・穴・ほつれがあるまま、毛玉がいっぱい、変色した、仕上げミス、洗えない。」などで、理由もなくお客様にお返ししてしまうと、どうして良いのか困りますよね。
1点1点がお客様の大切な品物ですので、プロとしての経験から、シミが落ちない理由と、どこまで出来るのか、経年劣化のお知らせなど、「納品後に納得していただけるようなご提案」としてクリーニング店に出来ることがあると思います。
このような気遣い一つでも、まだまだ使えるお品物が増え、お気に入りのお品物についてご納得いただけるのではないかと考えます。
お客様のご要望をお聞きし、何か出来ることから、少しでもお客様の生活のお役に立てるように、日々の勉強と感謝の気持ちで精進してまいります。

お客さまへ伝えること

穴修理一つをとっても、衣類の値段は様々ですから、どこまでお金をかけられるかの価値観も品物によって違って来ます。
例えば、「貼り付け修理」などで1穴500円で直したい、礼服なので見えないように1穴8,000円でも「かけはぎ」で直したい。というのでは大きな違いですね。
500円の穴修理は、衣類の元値が安い、古いなどの理由から、「遠くから見て分からなければ良し」と選ばれることが多いですが、探して見つけた「自分に合った大切な衣類」ですから、直し方はお客様に選んでいただくことを基本としております。
ジーンズリペアにも、新品のクラッシュデニムの穴修理のご依頼などは、長く着たいから弱りやすい穴の部分を補強する場合や、ジーンズのお尻の部分が大きく裂けてしまったなどの切実なダイアナ修理のご依頼までございます。
クリーニング店のため、洗い・しみ抜きと同時に修理をご依頼される場合など、様々なご依頼や質問をいただいております。
当店のホームページ http://maruei-cleaning.com ご参照下さい。
『全国宅配のご案内』より写真を添えてご質問ご依頼をいただけると幸いです。
未熟者ではございますが、お客様に「もったいない」の気持ちでご要望にお応えしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

事例投稿

LINEで送る
Pocket

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © repair929.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.